~無料電話相談~         突然「食事療法して下さい」と言われたら…
  食事療法をこれから始める方、始めて間もない方、
実践しているけれど不安な方 一人で悩まずにお電話ください

   毎週月曜日 9:00~12:00
   電話 0465-49-1151
 検査結果を基に、今のあなたに必要なアドバイス

腎臓病等の食事療法普及活動を行なう

特定非営利活動法人 
食事療法サポートセンター

●設立の趣旨 ●理事 ●サポーター
 

  腎臓病の食事療法

ネットを使ってもっと情報を集めよう

理事長のつぶやき

FMおだわら Quality of Life

Rainbow Town FM 「食事療法講座」

もりもり腎臓日記

かのんさんの低タンパクの食事

なかっちゃんの食事日記

まりりんのCooking 食事療法日記

starchさんのブログ


お便りコーナー
お便り

 
 
 

    トピックス過去のニュースはこちら


マーク小田原調理教室を開催しました(2019/06/18)
6月14日の調理教室では、中華丼、フルーツ餅を作りました。初めての方も多かったので、まずはでんぷんって何?から始まり、調理に関しても質問の手が多くあがり充実した会になりました。同じ蛋白量に合わせたでんぷん米と普通米の量の差に驚いていただけました。午後は個別に栄養相談をしっかりと行ない満足して帰っていかれました。次回は9月6日(金)です。
 



マークヘルシーエイジングコーディネーターセミナーのお知らせ(2019/06/17)
日時:令和元年7月20日(土) 13:30~16:00
場所:ダイエー市川ビル11階 第1会議室(JR市川駅北口より徒歩1分)
内容:「CKD分子栄養療法Rセミナー」CKD進行阻止の観点に立って・・・
    メディカルプラザ市川駅 院長 佐中孜医師
    和洋女子大学 準教授 多賀昌樹先生
    和洋女子大学 教授 鈴木敏和先生
定員:20名



マークびわこ腎臓病食研究会の調理教室が開催されました(2019/05/23)
5月の教室では中華メニューの希望に応え、お出かけ用メニューで中華ちまき、チョレギサラダ、春雨スープにマンゴープリンを作りました。ちまきは「でんぷん米がもち米に変わった!」「うまい!」と驚きと喜びの声が広がりました。ラップにくるんで冷凍できるのでお出かけにも便利です。午後のカリウムの話は2回目で、初めて聞く参加者もあり「また聞きたい」「前に聞いたがまた聞けて良かった。野菜の茹でこぼしはしなくていいことがよくわかった」といった声が多くしっかりと理解できるまで何度も繰り返し伝える事が大切と感じました。
  
次回は7月21日です。ドクターが調理に参加され、午後はミニ講座となります。



マーク第4回郡山「食事は患者さん自身が調合するお薬です」を学ぶ会のご案内(2019/05/22)
日時:2019年7月13日(土) 10時~15時
場所:郡山中央公民館
定員:50名
締切:6月30日(定員になり次第締切)
申込:江井海苔店 TEL0244(35)5218 FAX0244(36)4072



マークふくしま腎臓病を考える会が開催されました(2019/05/20)
5月12日に福島市保健センターにて、ふくしま腎臓病を考える会(山岡会長)が開催されました。午前の部は会員同士で食品成分表の使い方と食事記録のつけ方等を学びました。
お昼の食事としてでんぷん製品と身近な材料で簡単な調理を行ない昼食を楽しみました。
午後はスタッフリーダーの沼崎管理栄養士より血液検査のデータの読み方と症状を解りやすく説明して頂きました。 初めて参加された栄養士さんからは、次回は是非患者さんと一緒に学びたいとの感想があり大いに盛り上がりました。スタッフの皆様ありがとうございました。



マークあいち臨床栄養の調理教室が開催されました(2019/05/07)
4月27日、28日、29日の3日間調理実習と個人相談を行ないました。春パスタ、スコッチエッグ、ベジタブルマリネ、苺ジュレかけ、ラスク等を作りました。患者さんからの要望で透析について説明を行ないました。原疾患や目的、メリット・デメリット、透析の方法等をおおまかに説明しました。3日間行なうと日によって雰囲気や会話に違いがありそれぞれ味があって楽しく感じました。皆さんが嬉しそうに帰って行かれると疲れが和らぐ心地です。 今後の予定はこちら



マークびわこ腎臓病食研究会の調理教室が開催されました(2019/05/07)
調理でははピリ辛ラーメン、トマトサラダ、タピオカフルーツを作りました。ラーメンを殆ど食べることがなかった方が多く、汁を飲めることも含めて大変に喜んで頂けました。午後の体験談では、二人の方から低たんぱく食でもエネルギー不足がなければしっかり運動することで、筋肉・骨塩量を保てることを学ぶことができ貴重で素晴らしい内容でした。
 



マーク第3回郡山「食事は患者さん自身が調合するお薬です」開催しました(2019/04/24)
桜の花が満開に咲く郡山ビッグパレットに於いて4月13日、大勢の患者さんと栄養士さんのご参加を頂きました。今回もスタッフリーダーの根本管理栄養士からわかりやすく説明を頂きました。お昼時にはでんぷんパンケーキの試食会を行ない、大好評で喜ばれました。



マーク小田原調理教室が開催されました(2019/04/16)
桜吹雪の中、調理教室を無事行なうことができました。1食当たりの栄養成分はかけそばの場合で690kcal、たんぱく質8.66g、塩分は1.27gでした。でんぷんお餅を鍋で柔らかくするともっちりして食べやすくなります。果物や抹茶アイスとあわせて贅沢に頂きました。天ぷらは季節に合わせて筍を使いました。みなさん手早く料理され楽しく美味しく食べることができました。次回は6月14日(金)です。ふるってご参加下さい。電話予約 0465-49-1151まで
 



マーク腎臓病を考える会勉強会のお知らせ(2019/04/05)
日 時:2019年5月12日(日) 10時半~15時
場 所:福島市保健福祉センター 4階
参加費:会員500円/人、会員と家族1,000円、非会員1,000円/人
締切日:5月7日



マーク4月プラス元気調理教室のお知らせ(2019/03/29)
4月12日の調理教室では、天ぷらそばと抹茶あんみつを作ります。ちょっとした工夫で美味しくなる秘密をこっそり教えちゃいます!お楽しみに。
調理教室のお申込みは事務局 0465-49-1151まで。



マーク改元に伴うお休みのお知らせ(2019/03/27)
4月27日から5月6日までの10日間は事務局がお休みとなります。お休み中はなにかと食事が不規則になったり食べ過ぎたり。不安のある方は早めにお電話でご相談ください。電話相談は祝日を除く毎週月曜日の午前中です。



マークびわこ腎臓病食研究会の調理実習が開催されました(2019/03/18)
3月17日に草津で調理実習を開催しました。新商品のラーメンスープとでんぷん麺を使って2種類のラーメンとトマトサラダ、タピオカフルーツを作りました。ラーメンは塩分を気にして食べたことがなかった方も麺よし、スープよし、塩分よしで大変好評でした。デザートのタピオカはでんぷん製品なので蛋白ゼロ。扱いも簡単で喜んで頂けました。
 午後は0.5g/㎏のたんぱく制限を6年続け、1日1万歩、ジムにも通う77歳の男性から体験談を伺いました。生き方そのものを学ばせていただき、参加者の大きな希望となりました。
次回草津教室はは5月19日です。
  



マーク29回慢性腎臓病食事療法が開催されました(2019/03/15)
1月16日と2月2日に長野すかい・びーんず主催の料理教室が開催されました。献立は野菜たっぷりラーメン、白菜の甘酢づけ、炊飯器で作るりんごケーキでした。らーめんがとてもおいしい、こんなに野菜を食べていいんですねと好評でした。りんごケーキは炊飯器で簡単にシフォンケーキ風なケーキが作れて感激されました。



マーク第24回保存期腎不全(CKD)調理講習会が開催されました(2019/03/05)
  3月3日に行なわれた講習会はスタッフ5名を含め総勢28名の大盛況でした。
ジャージャー麺、でんぷん薄力粉を使用した野菜チーズチヂミ、マンゴープリン風を実習し、大変おいしいと好評を頂きました。




マーク第3回郡山「食事は患者さん自身が調合するお薬です」を学ぶ会のご案内(2019/03/01)
日時:平成31年4月13日(土) 10~15時
場所:ビックパレットふくしま
定員:50名(定員に達し次第締切)
参加費:1,000円
申込締切:3月30日(土)まで

申込先:江井海苔店 TEL0244(35)5218 FAX0244(36)4072



マークあいち臨床栄養の調理実習&栄養相談が開催されました(2019/02/20)
2月16日から18日に保温炊きのでんぷん米、八宝菜、春巻き、かき玉汁、フルーツ、マーラーカオを食べました。患者さん同士の意思の疎通が計れるようになり、食事療法が上手く進まない人に皆さんでアドバイスしていました。各自が改めて勉強になった様子でとてもよい雰囲気でした。低たんぱく・減塩でも美味しい、家で作りますとおっしゃっていただけました。
次回は、透析とは何か良く知らない人もいるので、リクエストにより基本的な話からしていきたいと思います。




マークプラス元気調理教室が開催されました(2019/02/08)
寒さとインフルエンザの猛威で参加者は少なかったのですが、初めて参加される方を中心に熱い調理教室となりました。献立は、でんぷん米のドライカレー、うどんスープを使ったピクルス、でんぷんホットケーキミックスのクレープを作りました。3品合わせて667kcal、たんぱく質6.5g、食塩相当量は1.4gでした。午後は、初めての方を重点的に栄養相談を行ないました。次回は4月12日(金曜日)です。
  




マーク能登川で調理教室が開催されました(2019/01/31)
12月20日に能登川で調理教室が開かれました。鶏肉のゆずみそ焼き、蓮根と春雨の胡麻和え、洋風おでん、蒸しケーキを作りました。初めて参加される方が半分おられ、デンプン製品のメニューに驚かれていました。計量の大切さをしっかりと学んでいただきました。
午後は基本的な話から、食の大切さとでんぷん製品について勉強しました。次回は4月25日(木)です。
 




マーク
草津で調理教室が開催されました(20190131)
12月16日に調理教室が開かれました。鮭のテリーヌ、ミートボールトマトソース、鶏肉のゆずみそ焼き、洋風おでん、甘酒蒸しケーキを作りました。蒸しケーキを中心にメニューを考えクリスマス感を楽しんでいただけました。相談の待ち時間が長く時間配分が今後の課題です。次回は3月17日(日)です。




マーク
滋賀市民講座が開催されました(20190131)
12月10日に90名以上を迎えての市民講座が開かれました。参加者の多くが初めて特殊食品を知り、普通のご飯とでんぷん米の食べ比べをしていただきました。思っていたよりも美味しいとの声が多く寄せられました。午後の雑賀先生の講話では、初期の内に専門医にかかり食事療法をすることが大事だと教えていただきました。たんぱく質制限やカリウムの考え方等初めて耳にすることばかりでした。
  



マーク郡山で第2回学ぶ会が開催されました(20190128)
1月20日郡山ビックパレットふくしまで開催されました。寒さ厳しい中遠方より大勢ご参加頂きありがとうございました。
今回は初参加の患者さん、栄養士、既に自己管理されている患者さんでグループを構成しました。支援スタッフリーダー根本管理栄養士ご指導の下、食品成分表の使い方、献立の立て方、血液検査表の読み方等々を各グループ毎に教えあいながら真剣に取り組むことが出来ました。
 お昼にはでんぷんパンケーキやでんぷん米の美味しい調理法、新発売のうどんスープ、ラーメンスープの試食を行ない好評を得ました。次回は、皆様に喜んでいただけるよう今回以上の企画を考えています。




マーク府中腎クリニック主催の調理教室が開かれました(2018/12/25)
11月30日には多摩市総合福祉センターにて雑煮、サバの握りずし等を作りました。実際にでんぷん製品を使ったことがない方ばかりで種類の多さに驚いておられました。
11月、12月には府中腎クリニックにて教室が開催されました。ルネリッソのドリアや、ルネリッソ入りのきのこハンバーグ、コーヒー味のでんぷんホットケーキを作りました。ドリアはご飯とソースをよく混ぜると滑らかに仕上がりました。ホットケーキのコーヒー味は菓子職人だった患者さんの提案で作りました。空気を入れるように混ぜるコツを教えていただくと、外側はサクッと中はふんわりととても美味しく仕上がりました。

 




マークあいち臨床栄養主催の調理実習&栄養相談が開催されました(2018/12/19)
元日の一日分のレシピから2食分を調理しました。お雑煮を始め、煮しめ、きんとん等品数が多いので途中でティータイムをもうけ会話がはずむ楽しい交流会になりました。初参加の方も初めてのでんぷん製品をこれなら食べられるとおっしゃっていただけました。来年の予約希望も多くスタッフの原動力となっています。  来年の予定はこちら




マーク第2回郡山「食事は患者さん自身が調合するお薬です」を学ぶ会のご案内(2018/12/17)
日時:平成31年1月20日(日) 10~15時
場所:ビックパレットふくしま
定員:50名(定員に達し次第締切)
参加費:1,000円
申込締切:1月10日(木)まで




マークプラス元気調理教室が開催されました(2018/12/04)
今年最後の調理教室はパーティーメニューを作りました。ローストビーフのリースサラダ、クルトン入りスープ、赤のパスタ、キャンドルケーキでした。品数は多めでしたが、各テーブル毎に工夫しあって手早く作ることができました。長野よりお越しいただいた栄養士さんからはお手製のりんごをいただきました。
参加者の中には食事療法を始めて21年になるベテランの方が現在も透析に入らずご夫婦で仲良く2時間以上も電車に揺られてご参加下さいました。年末年始になるとついついたんぱくや塩分摂取量が増えてしまい、逆にエネルギーが足りなくなったりします。本日の献立はエネルギー674kcal、たんぱく質9.88g、食塩相当量は1.16gでした。やればできる! 来年もよろしくお願いいたします。

  




マーク福島腎臓病を考える会が開かれました(2018/11/13)
去る11月4日 福島腎臓病を考える会(山岡会長)が福島市保健センターにて開催されました。
 午前の部はすでに食事療法を実践し自己管理の方法を身に付けられた先輩の患者さんが、今回初参加の患者さん達と向き合いながら食品成分表の使い方や具体的献立等を初心者の目線で分かりやすく教えて下さいました。みなさん目からウロコ!のようでした。さらにお昼の調理実習はでんぷん薄力粉とでんぷんもち粉を使いすいとんを試食し美味しい、おいしいの連発で大好評でした。
 午後の部はスタッフリーダーの沼崎管理栄養士さんから腎臓病の低たんぱくの食事療法について詳しく具体的にわかりやすく説明して頂きました。スタッフの皆さんには貴重な休日にご参加くださいましてありがとうございました。




マーク
あいちで調理実習&個人相談が行われました(2018/10/30)
15名の参加者を迎え、10月26日~28日の3日間行いました。調理は低たんぱくごはん、秋鮭ホイル焼き、大根餃子、きゅうりの酢物、りんご、五平餅風でした。
リピーターが多く調理は手早く会話は盛り上がりました。
午後の個人相談では1時間近くかかる方もいて少人数ながら中身の濃いものになりました。何よりも帰る時の笑顔が最高のご褒美となりました。



マーク
びわこ腎臓病食研究会の調理教室が開催されました(2018/10/29)
県外からの新しい参加者もあり調理と栄養相談、交流会の中で過ごせたことを大変喜んで頂けました。献立はナスの肉そうめん、秋の混ぜご飯、小松菜の辛子ナッツ和え、ブドウのサイダーゼリーでした。
次回は12月16日草津会場。また、12月9日には滋賀にて市民講座が開催されます。参加費無料ですので是非ご参加ください。

   


でんぷん製品を美味しく
食べるための本です
 
 

 2018年のニュース 一覧

 2017年のニュース 一覧

 2016年のニュース 一覧

 2015年のニュース 一覧