HOMEへ→

ニュースのバックナンバー

マーク+元気調理教室が開催されました(2014.12.17)
急に寒くなりとたんに気ぜわしくなりましたが、今年最後の小田原調理教室は窓が曇るほどの熱気でした。献立はおせち料理。「ご主人も食事を奥様に丸投げせず、何か一つでも自分の仕事にしなさい」との先生の言葉にうなずく女性陣。下を向く男性陣・・・。長く続けるにはお互いの協力がかかせません。次回は2月6日です。是非お顔を見せに来て下さいね。


マーク滋賀で調理教室が開催されました(2014.12.10)
びわこ腎臓病食研究会主催の調理教室も18回目を迎えました。きよすクリニック院長先生による講義はわかりやすいと評判です。
今回はクリスマスメニューでした。特に鮭のテリーヌとスノーボールは簡単で美味しく好評でした。次回は1月25日(日)です。運動指導士の先生を呼んで『室内で楽しく体を動かそう』!を行ないます。

マークリストランテユリが開催されました(2014.12.8)
年末を飾る華やかなイベントが今年も開催されました。和やかな雰囲気の中,先生方による演奏もあり、心に元気をいただきました。黒でピシッと決めた格好良いスタッフの皆さん、ありがとうございました

マーク愛知で腎臓病食バイキング(臨床栄養あいち主催)がおこなわれました(2014.12.01)
自分の栄養量に基づいた献立の選び方を学んだ後、主食・主菜・副菜・デザート別にバイキング開始。必要栄養量と好みで組み合わせ質や量を体験。何をどう食べればよいか少しはわかったと好評でした。次回は献立の立て方と栄養計算を行なう予定です。

マーク福島腎臓病を考える会(山岡会長)の調理教室が開催されました(2014.11.25)
スタッフを入れて30名程の勉強会でした。普段、食材を計量することに不慣れな方には驚かれましたが、すべて材料を計量することから始めました。山岡会長の「これが食事療法の基本ですよ」の一言に納得。でんぷんパンミックスの食パンは会長手作りのブルーベリージャムで試食していただきました。小春日和の陽射しを感じながらの楽しい一日となりました。


マーク滋賀で調理教室が開催されました(2014.11.24)
初めての方が多く、食事療法の減塩、低たんぱく、充分なエネルギ−の基本をしっかりと学びました。

参加者から「口頭だけの指導と違い、人間らしい食事が出来ることに感動した」との言葉を頂き、スタッフ一同感激しました。次回は12月7日です。

マークアグリビジネス創出フェア2014 出展中!(2014.11.12)
11月12日から14日まで、東京ビッグサイト 西4ホールにてアグリビジネス創出フェアが開催されています。11月17日発売の「失敗しないための低たんぱく食レシピ」見本も置いてありますので、一足お先にご覧になれます。時間は10時〜17時です

マークNPO監修レシピ本が完成しました♪(2014.11.07)
暑い夏の間、ボランティアの方々、織本病院の高木先生、協賛会社の方々にお世話になりながら挑んだ撮影を終えやっと出版の運びとなりました。
初めての方にも低たんぱくで美味しい食事作りを続けて頂けるように簡単でアレンジのきくレシピを集めました。11月17日より全国の書店でお買い求め頂けます。
「失敗しないための低たんぱく食レシピ」 (エイ)出版 定価1,500円+消費税

マーク+元気調理教室が開催されました(2014.10.21)
小雨の中,小田原で調理教室が開催されました。献立は「秋の炊き込みご飯」「中華風スープ」「細うどんとツナのサラダ」でした。どれも簡単ながら一工夫加えた料理で、一度覚えれば具を替えて何度でも食卓に登場できる万能レシピでした。

午後はお互いの悩み相談。つらい、つらいではつらいだけ、楽しみを持って生活しなきゃ、と先輩患者さんが言えば,悩んでいるのは自分だけじゃないんだと安心しました、とおっしゃる方も。調理の合間にも、自分が食べて美味しかった食品、これはお勧めできない商品、等当事者でなければわからない情報が出てくる、出てくる。情報交換の場としても大変盛り上がり、終わる頃には雨もすっかりあがりました。
次回は12月17日 いよいよ今年最後の調理教室、おせち料理です。
riuさんとママさんからクッキーのお土産頂きました。また、アイビーさんレシピのクレープをご試食いただき、みなさんに喜んでいただけました。

マーク福島で勉強会が開催されました(2014.10.14)
10月12日、浜通り腎臓病を考える会(佐藤昌文代表)主催の手ほどき勉強会が相馬市で開かれました。秋晴れの気持ちよい空のもと、約30名の方にご参加いただきました。会が始まる前からサポートの栄養士さん達と1対1で成分表を開きながら本日の献立表を記入、計算しました。調理実習では主食のでんぷん米のいきなりチャーハン、副菜にはでんぷんきしめんでわさびの効いたつんつんサラダ、デザートには地元の梨をいただきました。翌日の福島民友新聞朝刊の地元記事トップに写真入りで大きく載せていただきました。


マーク調理実習&セミナーが開催されました(2014.10.09)
9月28日、愛知県名古屋市にて臨床栄養あいち主催の調理実習とセミナーが開かれました。
 
調理だけでなく、広島臨床栄養研究会の福田代表をお迎えしてのセミナー開催で、食事の大切さを改めて感じて頂けました。献立の手巻き天むすはもち粉の量を工夫したことで美味しく食べて頂けました。毎回出席頂く患者さんはでんぷん米の冷凍法や美味しい料理法などよく工夫されていて、和気あいあいと楽しい実習となりました。

マーク市民講座(滋賀)が開かれました(2014.10.08)
10月5日、滋賀県で出浦先生の腎臓を守る健康講座が開かれました。台風接近のニュースの中、170名もの多くの方にご参加いただきました。初めて参加される方が多いにも関わらず、ほとんどの方が午後の部にも参加され,最後まで熱心に聞き入っておられました。質疑応答には真剣な面持ちで参加される方が多く、時間を延長しての終会となりました。メーカー各社の展示も好評でした。
 
熱い講演を丸一日精力的に取り組んで頂いた出浦先生を始め,スタッフの皆様ありがとうございました。

マーク低たんぱく食調理実習がおこなわれました(2014.10.08)
9月28日に滋賀で調理教室が開催されました。ブログでも活躍されているかのんさんにもご参加頂き、30名を超す大賑わいとなりました。メーカーによる試食会も開催しました。かのんさんの体験談は参加者の学ぶところも大きく、支えとなり、また希望となったようです。

次回より、この教室は隔月から、毎月の開催となります。まずは11月6日(木)、週末お忙しい方はぜひどうぞ。

マーク腎臓病を考える会(山岡会長)のセミナーが開催されました(2014.09.29)
9月14日に福島で出浦先生のセミナーが開催されました。約100名の参加者のほとんどが患者やそのご家族で、初めての方が多い会になりました。
毎回大好評の患者会ブースでは、でんぷん米、でんぷんパン、ホットケーキ粉のドーナツや炊飯器で焼くパンケーキなど主食にもおやつにも使える基本のでんぷん製品の試食を行ないました。試食の感想や、作り方への質問などで時間いっぱいまで大賑わいとなりました。この様子は9月15日付けの福島民友新聞にも掲載されました。

マーク滋賀 市民講座のお知らせ(2014.09.23)
日時:2014年10月5日 第1部 9:30〜12:00/第2部 13:00〜16:00/場所:滋賀県東近江市立やわらぎホール/講師:出浦照國先生(昭和大学客員教授 腎臓内科医)/申込:不要

マーク手ほどき勉強会のお知らせ(2014.09.12)
日時:10月12日(日) 9:50〜15:30/場所:相馬市大野公民館 調理室 大広間/献立:でんぷん麺、でんぷん米、でんぷんパンその他/参加費:1人1,000円(付添いの家族500円)/申込:10月8日まで。先着15名 佐藤昌文 TEL&FAX 0244-22-1574 または江井商店 TEL 0244-35-5218・FAX 0244-36-4072

マーク+元気調理教室が開催されました(2014.09.10)
秋晴れの高い空のもと、小田原で調理教室が開催されました。献立はよく問合せの電話がある、でんぷん米を使ったハンバーグでした。たった30gの小さいお肉が食べごたえのある2個のハンバーグに変身!たんぱく質は4.8gでした。これに合わせて、ちょっとリッチな卵入りホットケーキミックスと冬瓜のスープ。初めて参加される方が多く,テーブルのあちらこちらで同じ悩みを抱える共感の声が上がっていました。

次回は10月21日(火)です。お問い合わせ,お申し込みは食事療法サポートセンター事務局 TEL0465-49-1151まで。

マーク広島市民講座のお知らせ(2014.09.08)
日時:11月15日(土) 9:30〜15:30/場所:広島県健康福祉センター8階大講堂/講師:東邦大学医療センター 酒井謙先生/内容:CKDにおける低たんぱく食事療法の意義〜食事療法基準の変遷を踏まえて〜/参加費:1人 1,000円(資料代・低たんぱく食昼食代含む)/申込先:広島臨床栄養研究会 往復葉書にて

マーク慢性腎臓病食調理実習&セミナーin愛知のお知らせ(2014.8.7)
日時:9月28日(日) 10時〜16時半/場所:北名古屋市健康ドーム/定員:実習20名、セミナー50名/内容:実習「はかりの使い方、手巻き天むす、なめこ汁、野菜の甘酢フルーツ添え」/セミナー「食事療法と薬のお付き合い」広島臨床栄養研究会代表 福田悦子先生

マーク滋賀で調理実習が開催されました(2014.7.30)
7月20日に滋賀で低たんぱく食調理実習の15回目が開催されました。30名近い大所帯となり、回を重ねる毎に患者さんの側から意欲的にお話し下さるようになり、益々意義深い教室になっています。今回のメニューは冷やしうどん、韓国風冷麺、豚しゃぶ生春巻きの梅肉ソースでした。次回は9月28日です。カノンさんが体験談をお話し下さいます。楽しみですね♪


マーク中部臨床栄養研究会のお知らせ(2014.7.11)
日時:平成26年8月24日(日) 9時50分〜16時/場所:栄ガスビル 5階501会議室/講師:出浦照國先生/参加費:8月15日までに申込 1人4,000円/8月16日以降の申込 1人4,500円

マーク腎臓病のための低たんぱく食調理実習のおしらせ(2014.6.25)
日時:7月19日(土) 15:30〜18:30/場所:アミカス 調理室/参加費:1,500円/講師:齋藤順子先生(美・味・生き・活き倶楽部)

マーク福岡臨床栄養研究会のお知らせ(2014.6.25)
日時:7月20日(日) 10時〜15時半/場所:天神チクモクビル 大ホール/講師:出浦照國先生/参加費:3,000円(患者さんの付添い1,000円)

マーク小田原調理教室が開催されました(2014.06.06)
梅雨入りが発表になりましたが、お天気にも負けず小田原調理教室が開催されました。献立はでんぷんノンフライ麺を使った「かた焼きそば」でした。

揚げたてパリパリの麺があんに絡んで、ちょっと量が多いかなと思った自分が恥ずかしいくらいに箸が進みました。野菜は旬を大切に、もちろん冷蔵庫の中身でやりくりすればよいそうです。食事の後は、お楽しみ♪埼玉からいらして下さったパンの先生ご夫妻による演奏会。集会室は天井が高くて音がよく広がりみなさんうっとり。ハーモニカを2つ同時に使う技、堪能させて頂きました。ありがとうございました。合間には、オトクッキング倶楽部会長によるホットケーキミックスを使った炊飯器で焼く簡単パンのデモンストレーション。初心者でも作れるお手軽レシピを公開して頂きました。デザートにはびわこ腎臓病食研究会レシピのサイダーゼリーをご提供。さっぱりしてのどごしよくこれからの季節には何度でも登場しそうなメニューでした。次回は9月5日です。



マーク腎臓病患者のための患者と家族の会『腎縁会』発足のお知らせ(2014.6.2)
広島臨床栄養研究会 福田先生のお膝元で患者会が発足することになりました。26歳で腎臓病を発症し食事療法を続けてこられた中田さんが発起人となり、患者同士で病気のこと、食事のこと、悩みを共有できる場をつくります。
日時:平成26年7月6日(日) 14時〜16時/場所:広島県医師会館3階/参加費:1家族 1,000円(会場費)/対象:腎臓病患者とその家族、透析中の方、医療スタッフ/締切:6月20日/後援:広島臨床栄養研究会 代表 福田悦子

マーク低たんぱく食調理実習in滋賀が開催されました(2014.5.29)
5月25日、参加者23名を迎えて調理実習を開催いたしました。メニューはでんぷんパン、オムレツ、春野菜、春キャベツのカレースープ、サイダーゼリーでした。多くの方がパンに対してより美味しいものを求めておられましたが、きめ細かくふんわり、焼き色が美味しさを引き立てるでんぷんパンは大好評でした。次回は7月20日(日)です。お申し込みはお早めに。

マーク慢性腎臓病食 調理実習&セミナーin名古屋のお知らせ(2014.5.26)
日時:平成26年7月11日(金) 13時〜15時半/場所:北名古屋市健康ドーム 1F会議室/参加費:セミナーのみ 1,000円/内容:『新しい国民病・慢性腎臓病治療』名古屋大学CKD先進診療システム学講座 腎臓内科 安田宜成先生/『CKDにおける最近の海外事情』NPO法人食事療法サポートセンター 理事長 杉山剛  ※同日行なわれる実習は定員に達しましたので募集を締め切りました。

マーク手ほどき勉強会延期のおしらせ(2014.05.16)
5月18日に予定されていた『第11回 手ほどき勉強会』(福島)は10月に延期になりました。

マーク第31回腎照会セミナーのお知らせ(2014.05.16)
日時:2014年6月7日(土) 13:00〜16:30/場所:東京医科歯科大学 歯学部外来4階特別講堂/講師:出浦照國先生/参加費:会員1,000円/一般1,500円/予約不要。直接現地 受付にお越し下さい。ご不明な点は食事療法サポートセンター TEL0465-49-1151まで。

マーク3月15日に大阪大学腎友会で調理教室が開催されました(2014.5.14)
献立は「ガーリックピラフ大葉風味」とデザートでした。

マーク愛知で腎臓病調理実習が開催されました(2014.04.24)
4月20日に北名古屋市健康ドームにて臨床栄養あいち主催の調理実習が開かれました。定員を大幅に越える参加者の中、初めての方が多かったけれど、リピーターの参加者が指導に参加して頂さり手早くスムーズに進めることが出来ました。各テーブルで実際に成分表を使って食事記録を記入し、記録の大切さにも気付いて頂けました。また、患者同士での交流時間がゆっくりと取れたため、情報交換に花が咲き皆さんが喜んで帰って行かれました。次回は7月11日。特別講師をお呼びする予定です。お楽しみに。

マークプラス元気調理教室が開催されました(2014.4.4)
桜の花びらが舞う中、今年初めての小田原調理教室が開催されました。献立はお花見にも持参できる春の巻きずし。巻きずしは初めての方も多く,コツはエイヤッと勇気をもって!と言われてもドキドキ。お助けアイテムを使ってみなさん上手に巻くことができました。

2 月が雪のため中止になりがっかりされた方が『今度こそ!』と楽しみにお越しいただき嬉しく思っています。次回は6月5日(木)です。

マーク低たんぱく食調理実習13 in 滋賀が開催されました(2014.4.3)
献立は新ごぼうと牛肉のちらし寿司、天ぷら、菜ばなのからししょう油和え、いちご大福でした。
名古屋からきよすクリニックの伊藤院長、酒井栄養士にもお越しいただき30名を超える大賑わいでした。伊藤院長からは「腎臓病に食事療法がなぜ有効か」を分かりやすくお話いただき、個々の質問にもしっかりとお答え頂いて充実した講座となりました。次回は5月25日(日)です。でんぷんパンを作ります。

マーク第11回 手ほどき勉強会開催のお知らせ(2014.03.31)
日時:2014年5月18日(日) 9:50〜15:30/場所:相馬市大野公民館 調理室 大広間/参加費:1人1,000円(付き添いの家族500円)/申込締切:5月14日(先着15名)

マーク2014年度ご協力のお願い(2014.03.31)

マーク慢性腎臓病食 調理教室in名古屋 のお知らせ(2014.3.13)
日時:平成26年4月20日(日) 10時〜14時30分/場所:北名古屋市健康ドーム・クッキングルーム/参加費:患者・家族 2,000円/栄養士・医療関係者 3,000円/定員:20名(定員になり次第締切)/主催:臨床栄養あいち

マーク第30回腎臓病セミナーが開催されました(2014.2.27)
2月22日、東京医科歯科大学にて腎照会主催のセミナーが開催されました。一番の人気は、福島から炊飯器を抱えてやってきて下さったでんぷんママの調理コーナー。炊きたてのでんぷん米の美味しさにに皆さんびっくり。でんぷん米は上手に炊けないとお困りの方がなんと多いことか。是非お近くの調理教室に参加して下さい。でんぷん製品は調理次第であんなにも美味しく食べることが出来ます。

出浦先生がおっしゃったように、自分勝手な食事療法では意味がありません。専門医、栄養士のもとで正しい食事療法を行なって下さい。今回もご支援頂きました多くのボランティアの皆様ありがとうございました。次回は6月7日です。

マーク中国 赤十字病院で講演会をおこないました(2014.2.24)
NPO法人理事長が中国にて腎臓病セミナーを行ないました。会場は広州赤十字病院。中国では多くの方が高額な透析を受けられないため、食事で現状を維持しようと真剣な方ばかりでした。


講演後は、病院内の透析室等を案内して頂きました。
今年度は中国での食事療法の普及活動にも力を入れ、多くの患者さんの力になりたいと改めて感じさせられました。

マーク宮城にて市民講座(宮城臨床栄養研究会主催)が開催されました(2014.2.18)
2月15日、大変な悪天候の中,それでも患者、家族、学生、栄養士の方々が多数参加されました。
福島浜通り腎臓病を考える会からも二日間にわたってでんぷん製品の試食コーナーが開かれました。でんぷん米、でんぷん食パン、でんぷんホットケーキミックスの炊飯器で作るパンケーキ、焼きドーナツ。皆さんから沢山の質問を頂いて熱気あるとても充実したブース活動となりました。荒天の中ご参加頂いた皆様,出浦先生、宮城臨床栄養研究会の皆様お疲れさまでした。

マーク臨床栄養あいち・びわこ腎臓病食研究会合同研修会がおこなわれました(2014.2.4)
2月1日、北名古屋市健康ドームにて合同研修会がおこなわれました。広島臨床栄養研究会代表の福田悦子先生の講義が行なわれ,検査値の基本的な見方、検査値同士の絡み等症例を挙げながらの中身の濃いセミナーで、参加した栄養士は感動を覚える程でした。福田先生、お疲れさまでした。

マークびわこ腎臓病食研究会が新聞に掲載されました(2014.1.31)

1月の報知新聞、滋賀市民新聞に「おいしく楽しく発信中」とびわこ腎臓病食研究会の管理栄養士さん達が調理教室の様子と共に掲載されました。
参加者がゼロの月もありましたが、継続は力なり、今では20名を超える方参加してくださるようになりました。患者さん達が楽しんで参加している様子が伝わり、うれしさと共に責任感も感じるようになりました。次回は3月23日。既に募集人数近いので、お申し込みはお早めに。

マーク低たんぱく食調理実習が開催されました(2014.01.28)
1月26日に滋賀で行なわれた調理実習には患者さんとその家族23名にご参加いただきました。でんぷんで作るナンは好評で男性の方も自分で出来るとお気に入り。折角なので、ナンを焼く宿題を持って帰っていただきました。栄養士の話しや交流会も評判よく、みなさん楽しみながら学んでおられました。次回は3月23日(日)です。

 

マーク市民講座のお知らせin名古屋(2014.01.27)
日時:2014年3月1日(土) 14〜18時/場所:栄ガスビル 5階501会議室(名古屋市中区栄3丁目15−33)/講師:出浦照國先生
テーマ:『透析導入を遅らせるための腎不全の食事療法』/参加費:患者と家族1人1,000円、その他1人3,000円/申込:不要(直接当日の受付で参加費をお支払いください)
3月2日(日)に医療従事者向けの講義があります。テーマは『電解質シリーズ〜カリウムについて〜』講義参加費は1人4,500円(2月21日までの申込の場合は1人4,000円)

マーク第1回CKD基礎講座 開講(2014.01.21)
びわこ腎臓病食研究会と臨床栄養あいちの合同研修会が開かれます。講師には広島臨床栄養研究会代表の福田悦子先生をお招きして管理栄養士、栄養士向けにCKD基礎講座を行ないます。
栄養指導に必要な知識を症例を絡めながらお話していただきます。このような取組みが、現場で活躍される管理栄養士さんサイドから沸き上がってきたことを大変嬉しく頼もしく思います。今年は是非、全国へ活動を広げて行きたいと思っています。理事長 杉山

マーク第三回北東北病態栄養勉強会のお知らせ(2014.01.09)
講師:出浦照國先生(昭和大学藤が丘病院客員教授)/日時:平成26年2月2日(日) 10時〜15時/場所:岩手医科大学付属病院 循環器医療センター8階 研修室
内容:「カリウムについて」/定員:120名/参加費:3,000円(患者、家族、地域住民、学生は無料)/申込締切:1月29日(定員に達し次第締め切ります)

マーク宮城臨床栄養研究会のお知らせ(2014.01.07)
講師:出浦照國先生(昭和大学藤が丘病院客員教授)日時:平成26年2月15日 市民講座 10時〜16時/2月16日 コメディカル研究会 9時半〜16時
場所:フォレスト仙台 第1・2ホール  参加費:一家族500円/医療従事者4,000円/学生1,000円(医療従事者・学生は2日分合わせての参加費となります)
申込:患者,一般の方は不要/コメディカル参加希望の方は宮城臨床栄養研究会HP又はFAXにて

 

HOMEへ→

(2013年のニュースへ

(2012年以前のニュースへ