マークじんぞう先生の超楽らくデータ管理(初心者用)ができました(2012.12.25)

マーク腎臓病食調理実習in草津が開催されました(2012.12.05)
きよすクリニックの伊藤先生からは「検査データの意味と読み方」をテーマに初めて参加の方にもわかりやすく説明して頂きました。
写真 写真 写真
おせち料理をメインに、保温炊きのでんぷん米の試食をおこないました。参加者の半分以上の方が「思ったよりもおいしい」と答えて下さいました。次回は2013年1月27日の予定です。

マーク市民講座 腎臓病セミナー 広島が大盛況の中 行なわれました!(2012.12.03)
写真 写真
東京都立多摩総合医療センター西尾先生の講義では医療の現場から腎不全医療維新への呼びかけと正しい食事療法の重要性が改めて示されました。昼食には新製品を活用したお弁当! 300食もの温かい食事を作って頂きました。午後は寸劇を交えて腎臓病への理解を深めました。俳優並の演技力に引き込まれ,終わってみれば「ああ、なるほど」としっかり頭には知識が残りました。朝早くからお手伝い下さったスタッフの皆様、ありがとうございました。西尾先生、広島臨床栄養研究会 福田先生、大変有意義な会を開いて頂き本当にありがとうございました。

マーク臨床栄養あいちのお知らせ(2012.11.27)

マーク慢性腎臓病食 調理教室in名古屋開催のお知らせ(2012.11.27)
日時:2013年1月17日(木)10時〜14時半
場所:北名古屋市健康ドーム/クッキングルーム
定員:20名
参加費:患者とその家族 2,000円/医療関係者 3,000円
きよすクリニック 伊藤院長のミニレクチャーもあります。奮ってご参加下さい。定員になり次第締め切りますので、お申し込みはお早めに。
定員に達しました(2013.1.7)

マークプラス元気調理教室のお知らせ(2012.11.16)
日時:2012年12月11日(火曜日)10時〜14時
場所:川東タウンセンター マロニエ「食の創作室」
献立:おせち料理
小田原では今年最後の調理教室となりました。お正月前に是非覚えて欲しい献立です。牧場で直接購入した美味しいお肉のローストビーフは絶品です。今年最後とあって、プレゼントもご用意中。お楽しみに♪ 11月の調理実習の様子はこちら

マーク慢性腎臓病 低たんぱく食調理実習4in滋賀(2012.11.09)
日時:2012年11月25日(日) 10時〜15時
場所:草津市立市民交流プラザ 5階
今回はでんぷん米、でんぷん餅をつかっておせち料理を実習します。講師にはきよすクリニックの伊藤先生がいらっしゃいます。
申込先電話が繋がりにくい場合はこちらでも承ります。NPO法人食事療法サポートセンター 平日9時から16時まで 電話0465−49−1151まで。

マークプラス元気調理教室のご案内(2012.11.01)
日時:2012年11月8日(木)10時〜14時
場所:川東タウンセンター マロニエ「食の創作室」
献立:すいとん・杏仁パイナップル
杏仁パイナップルは缶詰で作るびっくり美味しいレシピです。先月の調理教室風景はこちら

マークNPO理事長プレゼンテーションのお知らせ(2012.10.31)
日時:2012年11月14日(水)11:20〜11:40
場所:東京ビッグサイト プレゼンルームC
テーマ:医食農同源で体内環境を守る
演者:食事療法サポートセンター 理事長 医学博士 杉山剛   詳しくはhttp://agribiz-fair.jp/  研究・技術プレゼンテーションをご覧下さい。

マーク腎臓病食調理教室 in 名古屋 開催のお知らせ (2012.10.31)
好評の腎臓病食調理教室 in 名古屋(代表 中山蓉子)が2013年1月17日(木)に開催されます。今回はきよすクリニックの伊藤院長のミニセミナーも行なわれます。詳細が決まり次第お知らせします。お楽しみに。第4回調理教室の様子はこちら

マークお急ぎ下さい!間もなく締め切り広島市民講座のお知らせ(2012.9.24)
日時:2012年12月2日(日)9:00〜15:30
場所:広島県健康福祉センター 8階大講堂
講師:東京都立多摩総合医療センター内科部長・東京医科歯科大学臨床教授 西尾康英先生


マーク市民講座のお知らせ(2012.10.12)
日時:2012年12月2日 10時〜16時
場所:鳥栖市民文化会館 小ホール
講師:出浦照國先生
参加費:1人 1,000円
申込締切:11月20日
同時開催 福岡臨床栄養研究会(12月1日)

マーク第8回 手ほどき勉強会が開催されました(2012.10.11)
秋晴れの中、相馬で患者と家族15名とスタッフ7名とで勉強会を開催致しました。献立はうどんのカレーリゾット風味、さんまのハンバーグです。相馬方式の手ほどき勉強会は栄養士のサポートを取り入れて一人一人と向き合います。レシピをただ配るのではなく、自分で成分表と向き合い計算、記録。受け身ではなく自発的な行動を始めることの大切さを教えられました。
写真 写真 写真 写真
マヨネーズもしっかり計量しています


マーク腎臓病を考える会勉強会のお知らせ(2012.10.11)
日時:2012年11月4日(日)10時〜15時30分

場所:福島市保健福祉センター 4F 第1保健指導室
講師:出浦照國先生
参加費:1人 1,000円(学生無料 ※要学生証)
申込締切:10月24日

マーク第26回腎照会セミナーのお知らせ(2012.10.04)
日時:2012年11月17日(土) 11:00〜16:30
場所:東京医科歯科大学 5号館 4階講義室
講師:出浦照國先生
参加費:会員1,000円/一般1,500円
予約不要。直接現地受付にお越し下さい。
第27回セミナーはH25年3月23日(土)になりました。会場の都合で日にちが変更になっておりますのでご迷惑をお掛けしますがお間違えのないようお願い致します。

マーク広島市民講座のお知らせ(2012.9.24)
日時:2012年12月2日(日)9:00〜15:30
場所:広島県健康福祉センター 8階大講堂
講師:東京都立多摩総合医療センター内科部長・東京医科歯科大学臨床教授 西尾康英先生
締切:10月31日

マークプラス元気調理教室が開催されました(2012.9.12)
初めてご参加頂く方が多く、出会いの喜びが多い会となりました。献立はかた焼そばと餅羊羹。暑さで食欲がない方もそうでない方も是非お試し下さい。次回は10月19日、炊き込みごはんと餃子の予定です。
写真
写真

マーク第8回 手ほどき勉強会開催のお知らせ(2012.09.04)
日時:平成24年10月7日 9:50〜15:30
場所:相馬市大野公民館 調理室 大広間
経験と実績のある浜通り腎臓病を考える会の勉強会です。基本的なでんぷん製品の調理法から、自分自身を守る為の食事療法について改めて学びます。定員15名ですのでお申し込みはお早めに。

マーク慢性腎臓病 低たんぱく食調理実習in草津の2回目が開催されました(2012.08.26)
会場はお花と音楽に包まれ優しい雰囲気の会になりました。主食のご飯では意見が分かれ、「たんぱく調整米が美味しい」「でんぷん米も変わらないくらい美味しい」。実際に食べて初めてわかりますよね。中には、美味しいでんぷん米に「持って出られないと思っていたでんぷん米が美味しく軟らかく、これならお弁当にして持って行けます」と嬉しい声も。次回は10月28日の予定です。
写真 写真 写真

マークでんぷん米の新しい&失敗しない美味しい炊き方発見!!(2012.08.06)
簡単ふっくらでんぷん米1/15   目からうろこの保温炊き!!お試し下さい。

マーク慢性腎臓病 低たんぱく食調理実習2in 滋賀のお知らせ(2012.08.01)
7月29日に大好評のうちに終了した滋賀での調理実習第2弾が開催されます。7月の参加者はこれから食事療法を始めようという方が多かったにも関わらず、約8割の方が『必要とあればでんぷん米が食べられる』と回答。今回の調理でいかにおいしいでんぷん米が炊けたか、お判り頂けると思います。でんぷん米も炊き方一つでおいしくなるのです!

マーク「低たんぱく食でおいしくて、元気」発刊のお知らせ(2012.7.31)
効果のある食事療法にたどり着いた患者と主治医からのメッセージ。出浦先生監修・解説の一冊です。書店での取扱いはありません。お申し込みはお問い合わせください
写真

マーク第25回腎照会セミナーが開催されました(2012.07.21)
当日は約200名の方にお越しいただきました。今回は出浦先生の講義に続き、透析医の先生からも簡単なお話がありました。夏の暑さに負けない出浦先生と皆さんの熱意がひしひしと伝わったセミナーとなりました。
写真

マーク低たんぱく調理教室in Kansaiのお知らせ(2012.07.20)
日時:平成24年9月9日 10時〜14時
場所:京都テルサ 調理実習室
調理実習と食事の後は、栄養相談も行ないます。申込の際にお申し出下さい。定員に達し次第締め切ります。

マーク腎臓病調理教室のお知らせ(2012.07.20)
日時:平成24年9月16日 10時〜14時
場所:東部フレンドホール(東京都江戸川区)
一般社団法人生活習慣病コーディネーター協会認証

マーク7月のプラス元気調理教室が開催されました♪(2012.07.06)
一番問合せが多くて、一番失敗も多いでんぷんパンの調理教室でした。

マーク慢性腎臓病食調理実習in名古屋 開催のお知らせ(2012.7.12)
前回大好評であっという間に定員に達してしまった調理実習が再び開催されます。今回も定員20名ですので、前回逃してしまった方はお早めにお申し込み下さい。日時:9月6日10時〜14時 場所:北名古屋市健康ドーム

マーク5月28日に名古屋で行なわれた腎臓病食実習会が6月20日の中日新聞に掲載されました(2012.06.26)

マークプラス元気調理教室(小田原)のお知らせ(2012.06.26)
日時:平成24年7月6日(金曜日) 10時〜14時
なかなかうまく行かないとご要望厚い「でんぷんパン作り」に挑戦します!失敗した方,初めての方、どしどしご参加下さい♪秋に発売予定の保存用コッペパンの試食も予定しています。8月の調理教室はお休みです。
写真

マーク慢性腎臓病低たんぱく食調理実習in滋賀(2012.06.26)
日時:平成24年7月29日(日) 10時〜15時
場所:草津市立市民交流プラザ5階 南草津フェリエ調理室
内容:講演(NPO理事長 杉山剛「食事療法の有効性について」
   実習(さっぱり天巻き・ざるうどん・夏野菜 講師:中村恵)
定員:10名
費用:患者1人2,000円(夫婦で3,000円)/栄養士1人3,000円

マーク奈良講演会及び調理実習のお知らせ(2012.06.20)
日時:2012年7月15日(日)10時30分〜15時
場所:奈良市生涯学習センター(奈良市杉ケ町23番地 TEL0742-26-8811)
講師:広島臨床栄養研究会 代表福田悦子先生
講義内容:「本当の医療を知ると患者も医者も管理栄養士も心がわくわくする」
調理実習:でんぷん製品の基本的な調理法、活用法
参加費:会員は無料。
問合先:奈良腎臓病そらまめ保存会 TEL0742-26-3900

マーク京都 低たんぱく調理実習が行なわれました(2012.6.17)
今回の献立は「夏の天ぷら」「冷やしうどん」「みょうがときゅうりの塩麹和え」「ミルクもち(フルーツ添え)」とバリエーション溢れるメニューでした。楽らくうどんの冷やしうどん、好評でした♪次回は9月9日(日曜日)です。
写真

マークプラス元気調理教室が開催されました(2012.06.12)
初めて参加される方が多く,いつもより緊張感がある調理教室でした。
それでも食事が出来る頃には和気あいあい、久しぶりにあった友人のように仲良く語り合い笑いあいました。
次回は7月6日ご要望多いでんぷんパンを作ります。ご期待下さい♪
写真

マークレインボータウンFMの4月放送分が聞けるようになりました。左下「過去放送分へのリンク」をご覧下さい。(2012.05.30)

マーク毎週火曜日のお昼13時からレインボータウンFM79.2MHz でおおくりしておりました 「腎臓病の食事療法講座」が6月末で一時休止致します。お聞き逃しなく。

マーク小田高ホームカミングデー 講演会が終了しました
5月20日快晴の中、NPO理事長による「腎臓病早期発見と食事療法」の講演会が行われました。久しぶりの学校の机と椅子に懐かしく思いながら着席。自然と背筋が伸び,学生気分。満席の中行なわれた講演で、サイレントキラー、腎臓病の早期発見の大切さを実感して頂けた様子。同席して下さった食事療法を上手に続けておられる患者さんの説明はわかりやすいと評判でした。理事長、ボランティアの皆さん、そして会場に足をお運び頂いた大勢の方に感謝!お疲れさまでした。
小田原高校 小田原高校

マーク福岡臨床栄養研究会のお知らせ(2012.05.15)
8月18日(土)福岡での市民講座に出浦先生が2年ぶりにいらっしゃいます。先生の熱い講義がとても楽しみです。
また、翌日は「酸塩基平衡」の講義も開かれます。合わせてご参加下さい。申し込み締め切りは8月11日。先着順ですのでお申し込みはお早めに。問合せ先:福岡臨床栄養研究会事務局まで

マーク5月16日(水曜日)のプラス元気調理教室(神奈川県小田原市)では、汗ばむ季節に思わず箸が進む「さわやか焼きそば」を作ります。ご期待下さい!! ご予約は電話0465−49−1151 サポートセンター事務局まで。

マーク手ほどき勉強会が行なわれました。
4月22日に福島県相馬市で勉強会が行われました。初参加の方が20名となり、でんぷん製品の基本的な扱いを学びました。主食にでんぷん製品を使うことでより豊かな食卓に出来ることを学び合いました。午後は管理栄養士の講義、続いてフリートーキングで盛り上がり其々の立場からの抱負が語られ実り多い一日となりました。
写真 写真 写真

マーク山梨腎臓病調理教室が行なわれました
4月21日に山梨学院短期大学で第10回調理教室が行なわれました。

マーク第59回低たんぱく調理教室のお知らせ(2012.04.26)
日時:2012年5月26日(土) 10〜13時
場所:福岡県遠賀郡水巻町 いきいきほーる
北九州で15年前からでんぷん製品の調理教室を行なっているあじさいの会主催です。前回の参加者は30名を超えた人気の調理教室です。

マーク低たんぱく調理実習in kansaiのお知らせ(2012.4.24)
日時:2012年6月17日(日) 10時〜14時
場所:京都テルサ 調理実習室
参加費:患者2000円/栄養士3000円
定員:24名

マーク5月28日に名古屋で行なわれる調理教室は定員に達しました。(2012.4.24)

マーク小田高ホームカミングデーのお知らせ(2012.04.17)
NPO理事長による神奈川県立小田原高等学校での講演会が行なわれます。
日時:2012年5月20日(日曜日)12:50〜14:20
講演題目:『腎臓病早期発見と食事療法』
入場は無料です。小田原城の近くです。お申し込みは事務局まで(TEL 0465-49-1151)

マークRainbow Town FMの食事療法講座に食事療法研究会の田山さんが出演されました。田山さんをゲストにお迎えしてのラジオはあと1回!お聞き逃しのないようにご注意下さい!! 次回は4月24日火曜日13時からです(2012.4.17)
写真

マーク慢性腎臓病食調理実習in名古屋開催のお知らせ(2012.04.13)
日時:2012年5月28日(月曜日) 10〜14時
場所:北名古屋市健康ドーム/クッキングルーム 

マーク東京腎臓病シンポジウムのお知らせ(2012.04.06)
日時:2012年5月27日(日曜日) 13:00〜17:00
場所:一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2−6−2)

マークRainbow Town FMの食事療法講座は、毎週火曜1時からに曜日が変更になりました。(2012.04.01)

マーク3月18日 京都にて調理教室が開かれました。献立は、クリームパスタ・ホットケーキ・サラダでした。次回は6月17日、9月9日を予定しています。a

マーク手ほどき勉強会開催のお知らせ(2012.03.26)
日時:平成24年4月22日 10時〜15時半
場所:相馬市大野公民館
費用:1人千円(付き添いの家族は500円)
東日本大震災から1年が過ぎましたが、まだまだ復興には程遠い日々です。しかし、私達には自分自身を守っていくための食事療法をしていくという現実があります。初心者の方、もう一度勉強しなおしたい方を中心に勉強会を開催いたします。

マークプラス元気調理教室がおこなわれました(2012.03.16)
今回のテーマは「腎臓病・高血圧症のための体に優しい低たんぱく&低塩食」。初めて参加される方がほとんどでしたが、みなさん上手にでんぷん製品を調理し食べることができました。
a a


マーク明日3月16日は小田原にてプラス元気調理教室開催です(2012.03.15)
今回の調理教室では、初心者向けのでんぷん製品の扱い方の講習を行ないます。愛知から管理栄養士さんが参加して下さいます。始めての挑戦に失敗はつきもの!失敗を恐れず、ご自分の納得のいくまで挑戦するチャンスです。

マーク腎臓病セミナーがおこなわれました(2012.02.27)
2月25日に腎照会のセミナーが開催されました。参加人数は200名を超える盛況。出浦先生の変わらぬ熱い講義に聴衆も引き込まれ、あっという間の4時間でした。
  

a a

福島から駆けつけて下さった佐藤さん(浜通り腎臓病を考える会)がとってもおいしい低たんぱくお菓子を作ってきて下さいました♪ご試食できた方、ラッキーでしたね!他にも大勢のボランティアさん達の協力と患者さん同士の賑やかな情報交換会のうちに終わりました.次回は7月に同じ会場で開催されます。

a 今度新たに『食事療法研究会 』を立ち上げられた田山さん。お元気そうで何よりです。透析に入ってからも食事療法の大切さを実感され、日々の食事に気を配っておられるそうです。お疲れ様でした。お問い合わせはNPO法人食事療法サポートセンターまで
a

ゴンドラ(東京都千代田区)の細内社長から低たんぱくの本格ケーキのご提供がありました。このハイケーキは一切れ当たりエネルギー122kcalでたんぱく質は0.96g。数々の国際的なコンクールでご活躍されてきた細内氏のご尽力の賜物です。お問い合わせは株式会社ゴンドラ(Tel 03-3265-2761)まで。
      a

 

マーク第24回 腎照会セミナーのご案内(2012.02.23)
2月25日(土曜日)に東京医科歯科大学5号館4階講義室にて腎臓病セミナーが行われます。講師は出浦照國先生です。予約不要ですので、まだ間に合います。直接現地にお越し下さい。参加費は会員1000円、一般は1500円です。治療用食品サンプルもあります。

マーク低たんぱく食イタリアンを食べる会がおこなわれました(2012.02.17)

a a a

つるまエキチカじんクリニックの中西先生主催の低たんぱく食イタリアンを食べる会が中央林間レストラン『アンジェラス』で行われました。参加者の多くは管理栄養士さん。おしゃれなイタリア料理の雰囲気と味を楽しめた会でした。料理をご担当された相模女子大学の長浜先生お疲れさまでした。

マーク山梨調理教室レポート(2012.02.17)
2月11日に行われた調理教室は、千葉から参加した方もいらっしゃる程、でんぷん米の炊き方を学ぶには絶好の機会です。

マーク公開シンポジウムのお知らせ(2012.02.08)
文部科学省「大学等産学官連携自立化促進プログラム【機能強化支援型】」
「産官学連携プロジェクト・健康医科学研究」2012年公開シンポジウム『健康医科学〜次のステップへ』

マーク山梨腎臓病調理講習会のお知らせ(2012.02.08)
毎月好評の山梨での調理教室がおこなわれます。ここ山梨での調理教室では、参加者の方から『でんぷん米がおいしく食べられるようになった!!』と大評判です。日時:2012年2月11日(土曜日)10時〜 場所:山梨学院短期大学 問合せ:治療食研究会 中村みどりFAX 0553-47-1042

マーク3月16日の調理教室(小田原マロニエ)
今回はこれから食事療法を始めようとする方や既に始めているがなかなかうまくいかない方々を中心に基本的なでんぷん製品の調理の仕方を分かりやすく実施を予定しています。また既に食事療法を上手に行なっている方は初めの頃を思い出して「今から思えば、、、」と体験談を語っていただく予定です。(すぎやま)

マークNPO《メディカルニュース》糖尿病診断基準の変更
糖尿病学会によると4月から糖尿病の診断基準の一つHbA1cが6.1%以上から0.4ポイント加えた6.5%以上となります。理由は国際標準で表記することによる。

マークパソコンでFMラジオの聴き方
1)ホームページの左からFM Rainbowtawnをクリックし続いてトップページをクリックすると映像も見ることができます。放送時間は毎週水曜日午後1時から15分 「腎臓病の食事療法講座」ゲストに医師、管理栄養士、患者さん他。食事療法サポートセンターに寄せられた調理栄養相談なども取り上げて行きます。

マーク毎年好評の『リストランテゆり』が開催されました♪(2011.12.14)

リストランテゆり 今年は、雰囲気をガラッと変えた和風な「りすとらんてゆり」。ぐっと落ちついた大人の雰囲気です。お料理も彩りよく様々な食材を使いながら、たんぱくはしっかり抑えてありました。スタッフの皆様、由利先生ありがとうございました。お疲れ様でした。来年も期待しています!!

リストランテゆり リストランテゆり リストランテゆり

マーク新商品
  「ピーエルシー米 1/20」

  ・内容量は1kg。
  ・普通のごはんに比べて、たんぱく質1/20に低減してあります。
  ・無洗米です。洗米せずにそのまま使用して下さい。
  ・炊き上がり量が、約2.1倍。
   例えば、本品150gを炊飯しますと、約320gのごはんになります。
  ・保管管理が簡単。冷凍庫に入れる必要はありません。

マーク山梨の調理教室レポート(2011.12.02)

マーク食事療法で大事なこと!!医師や管理栄養士の指導のもとで根気よく続けること!!最近 食事療法をしようとする方は確実に増えています。しかしうまくいかない人や失敗する人も増えているように思えます。テレビや新聞、雑誌でとても簡単にダイエット出来たりあたかも糖尿病が治ったとか聞けば「それならやってみよう」と思うのは当然のことです。特に腎臓病の食事療法の本はどこへ行っても 目に余るほど並んでいます。そこで見聞きした方法で自分勝手にやって病状を悪化させてしまう。調理教室も1度や2度習って 「これなら自分で出来る」と勘違いしてしまう。結果的には正しい食事療法の普及の妨げになっている。こんなジレンマを感じる1週間でした。(Dr.すぎやま)

マークそらまめ保存会主催の調理実習が開催されました(2011/6/8)
 5月15日の保存期腎不全治療食調理実習の詳細はこちら

低たんぱくのモダン焼き

マーク低たんぱく調理教室 in Kansaiのご報告(2011/6/7)
 3月27日に京都テルサにて低たんぱく調理教室が開催されました。次回は9月4日(予定)
低たんぱく調理教室 in 関西 低たんぱく調理教室 in 関西
調理教室の準備はなかなか大変です。でもアンケート結果からもお分かりのように全国でこのような調理教室を希望する方々が NPO食事療法サポートセンターに多数寄せられています。患者さんにとっては「今日明日何をどう食べたらよいのか?」茫然となり「頭真っ白」の状態。当センターでは 調理教室開催のお手伝いを応援しま
す。詳しくはお問い合わせください。(すぎやま)

マークプラス元気調理教室レポート(2011.05.18)

マーク脱水に注意しましょう!!
この時期は気温が上がったり下がったり 体調の管理に注意が大切です。水分補強もうっかりしがちですが この時期にとても重大な事態を引き起こすのも脱水。折角食事療法でがんばっていた人が 夏場の脱水で一気に透析になった例もあります。頭痛、起立性低血圧、悪心、嘔吐、痙攣など。検査では 低Na血症、血圧低下、BUN(尿素窒素)上昇などに見られます。(Dr.すぎやま)

マーク2月1日の中日新聞にあいち腎臓病食研究会が掲載されました(2011.02.22)
自覚がないまま進むCKD(慢性腎臓病)、脳卒中や心筋梗塞との関連性もわかり、益々食事療法が重要となります。愛知県で活躍中の管理栄養士でつくる『あいち腎臓病食研究会』から食事作りのお手伝いをしてくれるガイドブックが好評により増刷されることになりました。定価1500円

マーク山梨で活躍中の管理栄養士さんがまたまた新聞に登場!(2011.02.14)
山梨日日新聞2月13日版に掲載されました。これを機会に正しい食事療法への一歩を踏み出す方が出てくる事でしょう。

マーク小田原調理教室に継続参加された栄養士さんが地元で講習会を開いています(2011.02.07)
NPO法人食事療法サポートセンターが開催する調理教室で腕を磨かれた栄養士さんが、地元山梨で「治療食研究会」を設立。山梨学院短大で既に3回の調理講習会を終え、第4回開催に向け精力的に活動されています!

マーク今年最初のプラス元気調理教室が開かれました(2011.02.03)

マークお便りいただきました♪(2011.01.17)
昨年末、小田原調理教室で作ったおせち料理を早速作って素敵なお正月を過ごされたようです。

おせち料理1

マーク慢性腎臓病の方のためのレシピ集おいしい低たんぱく食 東北編」発刊(2010.12.28)
おいしい低たんぱく食 東北編

マークNPO法人食事療法サポートセンターの電話番号変更のお知らせ(2010/12/15)
NPO法人食事療法サポートセンターの電話番号が変わりました。新しい電話番号は、0465-49-1151です。月曜日の電話相談もこの番号となりますので御注意下さい。

マークプラス元気調理教室が行なわれました(2010.12.05)

マークたんぱく調理実習in Kansai が開催されました(2010.11.21)

マーク第2回 八戸臨床栄養研究会が行われました(10/30)

マーク第3回 CKD及び透析時の調理実習と栄養相談実践教室が開催されました!

マークあいち腎臓病食研究会よりガイドブック発売!
見て解る!慢性腎臓病(CKD)の食事 領布価格 1,500円
詳細はNPO法人食事療法サポートセンターへお問い合わせ下さい。電話0465-46-1210

マーク『第5回てほどき低たんぱく食の集い』開催報告
2010年10月10日、福島にて調理教室が行なわれました。総勢36名の賑やかな教室となりました。

まずは、当日の献立から、食事記録のつけ方、日常食品成分表を使っての栄養計算をして、調理実習に入りました。
でんぷんノンフライ麺を使った塩やきそば、大根のねり梅和え、フルーツは、梨80グラムでした。
その他中村式でんぷん米の美味しい炊き方、卵入りふんわり食パンの作り方、おやつにはでんぷんホットケーキミックスでミニ焼きドーナツと盛りだくさんのデモもありました。午後の部は、管理栄養士の先生お2人から講義がありました。参加者からの現状報告や、悩み、又食事療法に取り組んでいく決意など時間いっぱい盛り上がり、散会となりました。

低たんぱく食の集い 『第5回てほどき低たんぱく食の集い』開催報告 2010年10月10日、福島にて調理教室が行なわれました。総勢36名の賑やかな教室とな りました。  まずは、当日の献立から、食事記録のつけ方、日常食品成分表を使っての栄養計算を して、調理実習に入りました。 でんぷんノンフライ麺を使った塩やきそば、大根のねり梅和え、フルーツは、梨80グ ラムでした。 その他中村式でんぷん米の美味しい炊き方、卵入りふんわり食パンの作り方、おやつ にはでんぷんホットケーキミックスでミニ焼きドーナツと盛りだくさんのデモもあり ました。  午後の部は、管理栄養士の先生お2人から講義がありました。参加者からの現状報告 や、悩み、又食事療法に取り組んでいく決意など時間いっぱい盛り上がり、散会とな りました。 低たんぱく食のつどい

マーク9月5日に京都で管理栄養士さん達の調理実習が行なわれお便りを頂きました。
『参加人数は11名、献立は天ぷらそば、ちらし寿司、マクトンアイスでした。でんぷん米を1100g炊くのが大変でした。電源が切れて、中を見て驚き、混ぜてまた炊飯、これを4回ほどしたような気がします。なんとかうまく炊けました。デモが素晴らしくて、学ぶことがとても多かったです。スペース何より作ってみたかった料理だったので、有意義でした。』食事療法サポートセンターは全国各地で活躍される管理栄養士の皆様のスキルアップも応援しています。調理教室等を考えておられる方は是非ご連絡下さい。
京都調理実習 腎

マークまりこさんよりお便りを頂きました♪ありがとうございます
『今日のお昼は、でんぷんノンフライ麺を使い、出浦先生のレシピで冷やし中華を作ってみました。なかなかおいしくできたので、写真を添付します。本日はタンパク質に余裕があるので、卵は1個、福島から送られてきたおいしい完熟トマトがあったので、トマトは84gと、もともとのレシピより多くなっています。』
最近食事療法に取り組み始めたまりこさん、とても頑張っておられます。でんぷん米1/15を600Wの電子レンジで美味しく炊ける方法を試行錯誤しておられます。どなたか美味しい炊き方を御存知ありませんか?是非お便り下さい!
ひやし中華

マーク日本透析医学会によると、2009年末で、維持透析を受けている方の数は29万675名と、前年末に比べ約8000名増加し、国民の438人に1人が透析患者という計算になります。また、新たに透析を導入した方の内、44.5%が糖尿病性腎症でした。

マーク腎臓病と透析(ある患者さんからのレポート)
「透析に入ったら尿がでなくなる」と思っていたし医師からも告げられていた。「でも透析に入って2年。今でも尿量は減ったが1000ccぐらい出ている」正確なデータを持ち合わせないが 保存期で食事療法を正しく行なった人では1~2割にその傾向があるという。正しくとは何か?食事療法が一部の病院やクリニックで栄養障害と透析導入後の予後の悪さを聞くにつけ 啓蒙活動の難しさも感じる。

マーク第3回 低たんぱく食教室in滋賀
2010年7月19日に低たんぱく食教室が行なわれました。
調理、試食の後は、計算の仕方や栄養士からの話、質疑応答を行い、一人一人にしっかりとしたケアを行なっています。次回は9月5日(日曜日) 献立は炊き込みごはんと、パン(サンドイッチ)です。会費は1人3000円、夫婦で4000円です。更に個別指導を充実させていきます。お申し込みは電話0748-42-6916 管理栄養士 中村まで。

マーク♪長野で低たんぱく食の調理教室が行なわれました♪
2010年7月15日、長野にて病院栄養士協議会の勉強会が行なわれました。 冷やし中華、冷製パスタにそばサラダ、全7種の献立の中には、郷土色ある五平餅も ありました。 身近な献立が、低たんぱくで食べられればとても嬉しいことですよね。 NPO法人食事療法サポートセンターでは、このような活動を応援しています。

マーク食事内容の記録の付け方教えます!!
初めての食事記録は誰もが悩み苦労します。病院の栄養士さん達も時間に追われ「説明を十分していただけない」ことが多いと思います。
食事記録は食品成分表を用いて ご自分で記録し計算する事が基本です。ご自分の食べた物は「治療の一環です」から ここは乗り越える必要があります。
毎週水曜日は東京で調理方法を含め相談出来ます。また各地で調理教室を行なっていますから 参加され仲間を作ることも大切ですね。
最近、当食事療法サポ-トセンターにパソコンでの自動計算の問い合わせが多発して居りますが 現段階で推薦や推奨はしておりません。

マーク◆◇◆正しい食事療法を行ない、透析を先延ばしするために調理教室をやってみませんか?◆◇◆
最近、事務局には腎臓病の食事療法のための調理や計算の仕方などがわからないというお電話がとても増えています。患者さん達にとって食事を作ることは毎日のことですから、『一日でも早く正しい食事療法ができたらもっと透析を先延ばしできたのに・・・』と思う方が沢山います。NPO法人食事療法サポートセンターでは、全国各地からの調理を教えて欲しいというご要望に応えるべく出張指導をしております。詳しくは 当センター理事長 杉山までご相談下さい。電話:0465-46-1210

マーク地域の調理教室や市民講座に参加しませんか?
管理栄養士や医療関係者から「NPO法人食事療法サポートセンターに登録したいのですが どうすればいいのか?」といううれしい質問をたびたび受けるようになりました。
1)当法人の趣旨に賛同いただける方は どなたでも登録できます。
登録されますと
2)地域での調理教室や栄養相談会のご案内がいきますので ボランティアとして参加できます。そこでのいろいろな出会いや活動の場が得られますので、そこからがスタートになります。
3)登録された方には 調理、栄養指導実践指導方法の講習会(年間2~4回)やフードモデルを使った栄養指導の実践、その他海外への交流会等の参加の機会が得られます。
4)地域での調理、栄養相談会等を開催される場合は 食材の提供や指導等の支援が得られます。
さらに詳しくは事務局にお尋ねください。事務局の連絡先は☎0465-46-1210 またはE-mail:info@jinzosensei.comで杉山まで。

マーク福岡県 聖マリア病院にて 調理教室を開催しました*
『 腎臓病の 低たんぱく お料理実習
~でんぷん製品の 簡単・美味しい・スピーディなレシピ~ 』
開催日: 6月22日(火)
場 所 : 聖マリア病院 調理室
講 師 : 齋藤順子(美・味・生き・活き・倶楽部)

参加者は、内分泌・腎臓・透析の 医師5名、栄養士7名、看護師さんや保健師さん他、計24名。

レシピは、患者さんがご自宅で簡単に 美味しく出来、病 院でも美味しく提供できるものを ご紹介しました。
① ジンゾウ先生でんぷん生パスタの ぺペロンチーノ /② ジンゾウ先生でんぷんきしめんの サラダうどん

でんぷん製品は初めて、という方も多かったのですが、デモの中で、皆さんご一緒に麺の固さを確認して下さったり、各班に分かれての実習では、皆さん一生懸命 作っておられ、試食会では、「 美味しい。これなら抵抗ない。」と仰って下さり、とても活気ある、和やかな会になりました。

*聖マリア病院の副院長先生からご依頼を頂き、「腎臓病の低たんぱく食事療法」について、講義2回、調理実習2回のシリーズを行っています。既に講義は終わり、調理実習に入りました。次回は7月13日です。(齋藤順子)

マーク2010年6月18日 小田原マロニエにて調理教室が行なわれました。当日の献立は「天ぷら蕎麦」。エビやかぼちゃ、ごぼうに人参と色とりどりの天ぷらです。食事の後は、講師の御主人によるりんごのドーナツ!!皆さんで一つのテーブルを囲み、疑問や我が家の調理の工夫など活発に意見が飛び交います。栄養士による試作もあり、次回調理教室への期待も膨らみます。
腎臓病の食事療法調理教室 腎臓病の食事療法調理教室 腎臓病の食事療法調理教室 腎臓病の食事療法調理教室
7・8月は暑さを考慮してお休みです。次回調理教室は9月8日(水曜日)、場所は同じく小田原マロニエです。ご予約はお早めに。電話0465-46-1210 NPO法人食事療法サポートセンター 事務局まで。

マーク6月13日(日)に滋賀で調理教室が行われました。次回は7月19日です。

マーク☆★プラス元気 調理教室★☆
5月21日金曜日に、小田原マロニエにて調理教室が行われました。メニューは太巻き寿司、すまし汁、更にデザートつき!総カロリー533.9kcal、たんぱく質8.59g。太巻き寿司では、食感や見た目、もちろん味にもこだわった経験者ならではのアイデア調理術!ついでに応用テクまで教えて頂き、家で作ってみるのが楽しみになります。

腎臓病の調理教室 腎臓病の調理教室 腎臓病の調理教室

マーク「CKD及び透析時の調理実習と栄養相談実践教室」
2010年4月17日 神奈川県小田原市創作調理室 「マロニエ」で開催され全国各地より多くの管理栄養士さんが集まり、予想を遥かに上回る実践教室となりました。そのため午前と午後に分かれ 調理実習は出浦先生の指導の元に10年以上食事療法を実践している方々から、また食事指導方法の実践は広島臨床栄養研究会代表の福田さんから、最後に医師の立場から 腎臓の働きや食事療法の大切さを東京女子医大の佐中先生から、トータル6時間にわたり行なわれました。今後地域での活躍を期待しています。

CKD及び透析時の調理実習と栄養相談実践教室 CKD及び透析時の調理実習と栄養相談実践教室 CKD及び透析時の調理実習と栄養相談実践教室 CKD及び透析時の調理実習と栄養相談実践教室

マーク滋賀県の管理栄養士さんがご自宅で腎臓病教室を始められました。
テーマは「でんぷんの美味しいごはんを食べよう」です。次回は6月の予定です。詳細がわかりましたらまたHPにてお知らせいたします。

滋賀県の腎臓病教室

マーク〜CKD及び透析時の調理実習と栄養相談実践教室3月開催〜

CKD/透析時の調理実習小田原での本格的な教室が開催されました。午前中は炊き込みご飯と細うどんのサラダの調理、続いて調理を終えての意見交換会、午後は広島臨床栄養研究会代表の福田悦子さんをお迎えしての食事療法指導の実践教室が行なわれました。意見交換会では患者側、栄養士側からの様々な意見が出され、今後の課題と励みになりました。午後の講義では、長年啓蒙活動に携わってこられた福田さんが確かな経験に基づいた実践的な講義をされ、参加した皆さんに充実感と向上意欲を与えられたことと思います。福田さん、そしてお手伝い頂いたボランティアの皆様、ありがとうございました。

CKD/透析時の調理実習 CKD/透析時の調理実習 CKD/透析時の調理実習

マーク2010年2月28日 京都にて市民講座が開かれました。
「腎不全の食事療法・低たんぱく食〜透析を遅らせるために〜」を出浦先生が講義されました。中部臨床栄養研究会には関西方面からのお越しも多いため、今回は京都での開催となりました。熱心にメモをとる姿も見られ、食事療法の重要性を再認識して頂けたと思います。

腎不全の食事療法 腎不全の食事療法

マーク〜+元気 調理教室レポート〜
2010年2月13日ご要望の多かった土曜日。食事療法を始めて間もない方が多く、先輩患者さんの笑顔と経験からくるアドバイスに満足気。メニューは色鮮やかな「豚肉とナスのカレー」で計算されつくした一品です。エネルギー646.5kcal、たんぱく質は8.3g。次回調理教室は3月28日(日曜日)間もなく定員となりますので、お申し込みはお早めに! TEL:0465-46-1210まで

でんぷんナスカレー

マーク第54回(社)日本透析医学会学術集会に出展!
平成21年6月5日〜7日にかけてパシフィコ横浜において日本透析医学会学術集会・総会が開かれました。多くの出展ブースが並ぶ中、NPO法人食事療法サポートセンターも出展。多くの参加者の方々に食事療法とは何か感じて頂けたと思います。4月に出版された「低たんぱく食レシピ」や先頃出版の「医と食」、更には千田先生の本に関心も集まり訪れた方が手にとって下さいました。

日本透析医学会学術集会に出展 食事療法サポートセンター パシフィコ横浜

マーク4月9日(木)四谷区民センターで「低たんぱく 調理教室」がありました。メニューはジンゾウ先生でんぷん薄力粉を使った『広島風お好み焼き』です。
広島風お好み焼き
薄力粉をお好み焼きの生地にして、その上にキャベツ、軽く炒めたノンフライ麺の載せ 卵を落としました。卵を1つ使った贅沢な『広島風お好み焼き』、とても美味しく頂くことが出来ました。

マーク腎臓病セミナー&調理教室「慢性腎不全の低たんぱく食事療法」
  in 福岡
6月20日(土)、福岡県の小倉で 管理栄養士 齋藤順子による腎臓病セミナー&調理教室「慢性腎不全の低たんぱく食事療法」が、行われました。患者さんとご家族、栄養士さんなど、多くの方々が参加されました。まず初めに、低たんぱく食事療法の意義をお話し、具体的な症例をご紹介し、その後、治療用特殊食品の重要性や分類もお話しました。今回も、簡単・美味しい・スピーディのモットーにそって、ジンゾウ先生シリーズのレシピをご紹介しました。でんぷんきしめんの「 スモークサーモンのサラダうどん」は、「美味しい!」「簡単!」「こんな使い方が出来るんだ!」と、大好評でした。これからの暑い時期、食欲のない時などにピッタリです。
ホットケーキミックスの「 ふわふわホットケーキ 」も焼きました。毎週月曜日の無料電話相談で、「ふくらまない」と問い合わせをいただくので。「ふわっとしていて美味しい!」と喜ばれました。
次回は10月17日(福岡市にて)を予定しています。
美・味・生き・活き・倶楽部 齋藤順子

マーク大阪ででんぷん製品の調理方法体験できます!!!
大阪ではなかなか体験できなかった調理の仕方、ここでわかります。
ジンゾウ先生・関西地区代理店 有限会社マヤインダストリー
住所 〒551-0013 大阪市大正区小林西1-8-21(バス停「大正警察署前」約1分)電話:06-6555-2297   FAX:06-6555-2397
まずはお電話下さい!

マーク治療食の提供もできる『栄養相談所』出来ました!!
管理栄養士 里山さんが行います。場所は東京都渋谷区道玄坂2-17-2
1Fはお食事処「美食奄ごる」です。
ご予約は電話03-5459-7797 FAX03-5459-7798 有限会社トップウェイヘルスサポート部までお願いします。

マーク2009年4月26日に福島浜通り腎臓病を考える会の勉強会がおこなわれました。勉強会は、予定の40名を超え、遠方からの参加者も多く熱心な参加者で会場がいっぱいでした。午前中は成分表を使った栄養計算、それから、調理実習、試食、でんぷんパンミックスの実演、でんぷん米のいろいろな食べ方の実演。栄養士の先生によるノンフライ麺での冷やし中華の試食と盛りだくさんの昼食タイムでした。写真はいきなりチャーハンとつんつんサラダです。
チャーハンとつんつんサラダ
午後は根本先生と沼崎先生に参加者の方の検査表と食事記録を使って公開指導をしていただきました。そのあと、数名の方からの実状報告や悩みの話など情報交換があり、時間が足りないほどに盛り上がりました。これを企画した佐藤晴美さん、ご苦労様でした。福島地区が食事療法では、早くから取り組み、良い成果を上げているのも やはり熱心な方々に支えられているのが良くわかります。

マーク福島の方からお便りをもらいました。『パンミックスを使ってみました。自宅の象印のホームベーカリーでは、上がカリカリになるほどよく焼けて我が家ではパン粉にして使っています。また、セミナーで教
えていただいたように卵を入れるとケーキのように美味しく焼けました。卵も、黄身の濃いものを使うと見た目も味も格段にアップしました。』
パンミックスについては各地から美味しい!と嬉しいお便りを頂いてます。ご自宅で眠っているホームベーカリーをお持ちではありませんか?是非お試し下さい。

マーク2月12日(木)四ツ谷区民センターで 『でんぷん製品を使った 低たんぱく調理教室』を行いました。☆ 今回のレシピは でんぷん米初心者でも簡単!! 忙しいときにも簡単 ! 
でんぷん米を使った“いきなりチャーハン”でした。
調理はとっても簡単!! 一日水につけておいたでんぷん米を そのままフライパンで 具と一緒に炒めるだけです。調理時間 たったの3分!!
でんぷん米を炊く手間も省けて、手早く出来るので 忙しい時に最適です。皆さん、上手に作って 美味しく食べられていました。
でんぷん製品を使った 低たんぱく調理教室 でんぷん製品を使った 低たんぱく調理教室

マーク『1月31日(土)中部臨床栄養研究会調理教室』
『2月1日(日)第52回中部臨床栄養研究会』が開催されました。
★ 31日の調理教室は、参加者37人。患者さんとご家族も数名参加され 大盛況でした。
メニューは、ジンゾウ先生でんぷん製品使用の ”ほうとうカレーうどん” ”ホットケーキ” ”炊き込みご飯”。
出浦先生の思想を受け継がれている 齋藤順子先生より、「腎臓病の食事療法とでんぷん調理」 についてのレクチャーを含め 丁寧な調理指導の元、参加者全員に実習して頂き どなたも美味しく作ることが出来ました。多くの方から でんぷん調理の “コツ” がわかってよかった!” ”美味しい” と喜びの声がありました。
中部臨床栄養研究会調理教室 中部臨床栄養研究会調理教室

★ 2月1日の出浦先生の貧血のご講義も、多くの方が参加され 皆さん熱心に聞かれていました。
第52回中部臨床栄養研究会

マークこれであなたもパン焼き名人!
ジンゾウ先生から発売されたパンミックスを試してみました。従来にはない美味しさですが日によって膨らみ方が多少違うのです。
アドバイスを頂きましたのでご紹介します。1)まず寝ている「でんぷんパンミックス」に『起きてちょうだい!」といいながら袋を軽く揺すったり叩く。2)パン焼き噐に入れる時に空気を含ませるように『良い子ね!良い子ね!」といいながらゆっくり入れる。3)ぬるま湯(パン焼ききにより差がありますので確認してください)をゆっくり優しく入れていく。
これだけで膨らみは全然違います。音楽を聴かせながら焼く方法も心地よい振動が空気を一杯吸い込んでくれる良い効果を与えるのかも知れませんね。でんぷんは生きているんだ!!

マークジンゾウ先生の でんぷん製品(低たんぱく食)が 織本病院(東京都・清瀬市)でも買えます。織本病院の売店には ジンゾウ先生の でんぷん製品シリーズが たくさん揃っています。
織本病院

初めて買われる方も 実際に見る事ができますし、既に買われている方も ご自宅に近いお店をお探しでしたら、一度 覗いてみてはいかがでしょうか? スタッフの方々も とても親切です。織本病院には、調理指導専用の調理室もあります。
でんぷん製品の調理方法を 分からない人には 丁寧に指導されています。

 

HOMEへ→